当院では、地域の介護・医療スタッフを対象とした地域包括ケア研修会を開催しています。6月、7月、8月は、3回シリーズで「介護現場で活かす、褥瘡の知識と実践」と題した研修会をおこなっています。この研修会の目的は在宅や施設で生活する要介護者が多い中、地域全体で取り組む褥瘡対策を構築していくことにあります。褥瘡対策の知識や技術はもちろんですが、顔の見える関係性を築き他施設との相談や交流のしやすい雰囲気つくりに寄与できたらと考えています。
 シリーズ第1回は6月15日に外科医による「褥瘡とは(発生のメカニズム・リスク・治療)」、理学療法士による「褥瘡予防のベッド上のポジショニング」について開催し、参加者は22名(院内スタッフ13名、院外スタッフ9名)、第2回は7月20日に看護師による「褥瘡のスキンケアとチームアプローチ」、理学療法士による「褥瘡予防の車椅子シーティングの評価から対処法」について開催し、参加者は33名(院内スタッフ11名、院外スタッフ22名)、総勢55名と多数の参加者のもと開催されました。 
第3回の内容、申し込み方法は下記の通りです。是非興味のある方は参加して下さい。

日時:平成29年8月17日(木)18:30~19:30
  講義1「褥瘡と栄養」           講師:管理栄養士 宮城将允
  講義2「褥瘡予防の実際~事例からの学び~」講師:理学療法士 花城範行
場所:宜野湾記念病院 2F 会議室
対象:地域の介護・医療スタッフ

申し込み方法:下記記載のメール、FAXにて、「地域包括ケア研修会(褥瘡)」という件名を記載し、必要項目事項を記載して2日前までに申し込みください。
①参氏名(フリガナ)  ②職種 ③施設名 ④連絡先(電話番号、メールアドレス)

【申し込み先メール:ginoreha@ginowan-kinen.or.jp
FAX(宛先:リハビリテーション室と明記してください):893-3330】
問い合わせ:宜野湾記念病院 理学療法士 担当:上間
TEL:098-893-2101